品種紹介

プラネットで取り扱っている主な植物をご紹介いたします。

Ficus elastica ‘Burgundy’ / クワ 科 /フィカス 属 / インド・マレーシア原産

フィカス・エラスティカ・バーガンディ

黒い大きな丸い葉と赤い新芽がかっこいい

インドゴムの木の園芸品種。インドゴムは30mにもなる常緑高木。「バーガンディ」という言葉は、フランス語でブルゴーニュに由来し「ごく暗い紫みの赤」という色味をさす言葉だそうです。手のひらサイズの厚みのある丸く艶のある黒い葉が印象的で、新芽の赤みをおび、とてもシックな印象の品種で、男らしいインテリアにも似合いそうです。丈夫で育てやすい品種です。


育て方のポイント

丈夫な品種ですが、窓のあるお部屋に置き、冬は寒さに注意。



(注意点)
原種のインドゴムは高温多湿が好きな品種です。耐陰性もあるのですが、暗いと病害虫がつきやすく変色や葉が落ちることがあります。日の当たる部屋に置くのがベストです。
大きく濃い緑の葉なので埃が目立ちます。病虫害予防のためにもよく埃をとり、また霧吹きなどで葉を保湿すると生き生きします。



神経質になる必要はありませんが、ゴムの木の仲間は枝葉の切り口から白い樹液が出ることを知っておくと良いでしょう。樹液を触ると人によってはかぶれたりするので、触らぬよう気を付けてください。また樹液はしばらく出つづけるので、その場合はティッシュなどで切り口をふさぐか、床などに紙や布を敷いたりして対処すると良いでしょう。床につくとベトベトとしたり汚れがおちなくなる場合があります。



(病害虫)
日当たり、風通し、湿度、温度など何かしらの原因で樹勢が弱まると、病害虫が発生します。
湿気がが多く風通しが悪いとアブラムシ・カイガラムシ、乾燥するとハダニなどが発生します。病気は、葉などが白くなるうどんこ病、黒くなるすす病など。いずれも、風通しや日当たりの悪さや湿気、乾燥、ほこり等が原因であることが多く、全体に広がる前の早期に発見、環境改善、対策が必要です。
まずは病虫害に侵されている葉を取り除き、環境の良い場所へ移動させてください。カイガラムシはティッシュやブラシなどで取り除くこともできます。ある程度病害虫の葉を取り除いても、樹木が生きていれば新しい葉がでてきますので、病害虫に侵された葉は幹についている葉柄ごとすっきり取り除きましょう。



どの樹種にも言えることですが、病害虫の予防として、環境を整え、
まめに葉などにつく埃などを柔らかい布(市販のハンディモップなど便利です)などでとりのぞくこと、乾燥しているようなら葉水をすること、株が弱っているようなら液肥(当社 POF2など)を与えるなどがおすすめです。

事例:フィカス・エラティカ・バーガンディ(鉢) 商業施設