品種紹介

プラネットで取り扱っている主な植物をご紹介いたします。

Schefflera pueckleri /ウコギ科 /シェフレラ属 / マレー半島

ツピタンサス

涼し気で育てやすい品種

つやのある大きな葉(10cm程度)が星形に広がる掌状葉。大きな葉と樹形の安定感でインテリアに緑のボリュームを与えてくれます。インテリアグリーンの中では耐陰性、耐寒性にもすぐれ、丈夫で育てやすい品種です。プランターや植栽など様々なシーンで活躍しています。以前、ツピタンサス属という分類になっていた関係で「ツピタンサス」という名で市場で流通しているようです。


育て方のポイント

丈夫な品種ですが、窓のある部屋で風通し良く育てましょう



(注意点)
日の当たるお部屋で風通し良く育てましょう



インテリアグリーンの中では耐陰性、耐寒性のある品種ですが、きれいな緑を保つには、
やはり窓のあるお部屋で風通し良く育ててください。大きな葉なので埃が目立ちます。こまめにハンディーモップや柔らかい布なので埃をとると、美観だけでなく病害虫の予防にもなります。葉水なども有効です。


(病害虫)
ハダニやアブラムシ、カイガラムシ、うどんこ病などに注意しましょう。日ごろから日当たり、風通しに注意し、これらの発生を予防しましょう。大きな葉ですので、葉拭きや葉水も有効です。
病害虫が見られたら、それらをふき取るまたはその部分を取り除くなどして早めの対処をしてください。



どの樹種にも言えることですが、病害虫の予防として、環境を整え、
まめに葉などにつく埃などを柔らかい布(市販のハンディモップなど便利です)などでとりのぞくこと、乾燥しているようなら葉水をすること、株が弱っているようなら液肥(当社 POF2など)を与えるなどがおすすめです。

事例:ツピタンサス

農場:ツピタンサス 13φ

農場:ツピタンサス 高木