屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

ハイドロカルチャーのメリット

ハイドロカルチャーには、その栽培方法や用いる材料の違いから、土植えの植栽とは異なる数多くの特徴やメリットがあります。

清潔である

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
ハイドロカルチャーに用いる植込み材は無菌ですので、大変清潔です。
こぼした場合にも、周囲を汚しにくく清掃が簡単です。
土植え植物は、有機質土壌で通常堆肥や有機性肥料カビを与えており各種微生物や虫などが繁殖します。

臭いがない

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
ハイドロボールは無機質のため臭いがなく、臭いの気になりがちな室内での植栽にとても適しています。 有機質の園芸用土は、土特有の臭いを発生させます。

空気浄化効果が高い

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
ハイドロボールの粒間は通気性が良く、主に根の働きによる空気浄化効果を促進させます。
ネオコールは、それ自体にも高い空気浄化機能を有しており、さらに効果的です。
土植え植物の場合は、根に空気が届きにくく、有害物質を吸収分解しにくい。

用土の劣化が少ない

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
硬質の発泡煉石であるハイドロボールは、いつまでも粒形が崩れず、用土としての質の劣化がおこりません。
また、経年変化を起こさないため、年数を経た植栽でも、根詰まりを起こしません。
園芸用土は日常の水遣りで、土の団粒構造が崩れ、水はけや通気性が悪い土になっていきます。
そのため、団結や排水時の流亡による根詰まりを起こしやすいのです。

リユースできる

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
ハイドロカルチャーで使うハイドロボールは無機質のため、洗えば何度でも利用でき、環境問題を出しません。 土植え植物の用土は、雑菌が残るため植物が枯れれば、処分しなければなりません。

排水への配慮が要らない

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
ハイドロカルチャーは、水を溜める栽培方法(底面給水システム)ですので、雨を受ける屋外を除き、排水処理を考える必要がありません。
水の漏れない容器であれば、どんなものでも鉢として利用できます。
園芸用土での栽培は、水遣りの排水処理を行う必要があります。
たとえば、室内の植木鉢には底に穴があり、鉢皿を用意しなければなりません。

給水量・設肥量が節約できる

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
ハイドロカルチャーは、排水の必要が無いため、必要最低限の水と肥料の供給でまかなえます。 土壌の空気と水の入れ替えのために多量の潅水が必要で、水と共に養分は土壌から流出してしまいます。
植物が吸収する量よりも多量な水と肥料が必要です。

確実な水管理ができる

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
底面給水システムで、鉢底から一定の高さに水をはるため、確実な水の管理が出来ます。
水位計や水位センサーなどにより、手潅水・自動潅水どちらも給水の過不足を回避できます。
 

軽量である

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
レカトンの比重は0.6。
土の半分の重さのため、鉢などの移動が楽です。
また建築緑化においては、躯体への過重負担を軽減できます。
一般的な土の比重は1.6。

耐寒性を向上させる

ハイドロカルチャーの場合 土植え植物の場合
多孔質のハイドロボールが断熱材となり、冬季の低温から根を守ります。

 

プラネットについての情報はこちらから

TOPへ戻る 8つの特徴 スタッフ紹介
事例紹介 会社概要 無料相談