屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

  • TOP
  • ハイドロカルチャーとは

ハイドロカルチャーとは

ハイドロカルチャーは、粘土を高温で焼成した粒状の発泡煉石(ハイドロボール)を、植込み材として用いた水耕栽培(hydro→水,culture→栽培)です。

 

鉢底に溜めた水を下から吸い上げる底面給水システムのため、潅水時の排水が不要です。水位計や水位センサーなどにより、適正水位での確実な潅水ができます。

 

水の漏れない容器に直接植え込む(図A)こともできますし、下部に水の通り穴を設けたハイドロカルチャー専用の内容器を用いれば、ひとつの外容器に複数の植物を寄せ植える(図B)ことも可能です。
この場合、内容器ごと植え込むので、植物の交換が容易に行えます。

ハイドロ説明.jpg

 

植物はその育成環境に合わせて、土用の根と水用の根とを使い分けて伸ばします。
ハイドロカルチャーでは水用の根へと変化させ水耕栽培に順応させた植物を用います。

 

ハイドロボールは多孔質構造をもった無機質の粒状石材で、植物の育成に必要な適度の水分と空気を保持し、植物の根に理想的な環境を作ります。

 

ハイドロボールには、以下のものがあります。

 

レカトン ネオコール
レカトン.jpg ネオコール.jpg
粘土を約1200度の高温で
発泡焼成させた無機質の石
(多孔質セラミック)
吸着力に優れた炭化物
(スギ・ヒノキ)と、
セラミックスの機能性
複合材料空気・水質浄化・
プラスイオン吸着・
赤外線による発根促進
などの効果がある。

ネオコールの特徴を知る

 

その他、カラーサンド・ゼリー状用土・ウッドチップ・保水スポンジなど多種の用土での水耕栽培があります。

 

ハイドロカルチャーは、30年ほど前にドイツで始められた栽培方法で、ドイツの室内植栽の80%以上はこの方法が用いられています。

ハイドロカルチャーシステムのセールスポイント

1)環境にやさしい

ハイドロカルチャー(水・礫耕栽培)である。

 

①灌水後、土栽培と違い排水する必要がない。底面給水方式であるため、水、肥料は植物が吸水しただけ供給すればよく、必要最小限で済む。(雨水貯水利用、肥料排水阻止)

 

②水、肥料を自動化させる場合、ソーラー発電水中ポンプを循環利用できる。

 

③植込み材料は、発泡煉石を使っており洗えば何度でも利用できるエコロジー用土。

 

2)植物にやさしい

植込材料は、土の代わりに粘土を高熱(1200℃)で発泡した煉石を使っており、保水性、通気性、保温力に優れ、経年変化しないため、根腐れ、根づまりをおこしにくい。

 

3)人にやさしい

清潔、軽量で、施工がしやすく、管理が簡単。

 

プラネットについての情報はこちらから

TOPへ戻る 8つの特徴 スタッフ紹介
事例紹介 会社概要 無料相談