品種紹介

ダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

植物名:フィカス・ウンベラータ

学 名:Ficus umbellate

分 類:クワ科 フィカス属

原産地:熱帯アフリカ

薄い茶黒の樹皮の幹がつくる樹形と、手のひらぐらいの薄いハート形の葉が作り出す優雅でやさしい印象の人気品種です。
テーブルにおける小鉢からリビングを飾る大鉢まで流通しています。
とくに大鉢は樹形が美しく、リビングやお店に置くだけで存在感がありインテリアグリーンとしてとても人気があります。
本来は樹高5m以上になる樹木です。

(生育の特徴)
明るいリビングに
光を好みますので、明るいリビングなどの窓際、レースのカーテン越し等に置くのが最適です。環境に定着すれば比較的丈夫に長い年月、共に暮らすことができるでしょう。

寒さに気を付けて
寒さに弱い面があるので、冬は窓や換気口から漏れる外気、夏はクーラーの直風などに気を付けてください。寒さに当たると葉が黄色くなり、全体的に元気がなくなったりします。
その時は暖かい場所へ移動しましょう。

お水やりのポイント
比較的お水を好む植物ですが、多すぎるのもよくありません。
ハイドロカルチャー仕様の場合は、水位計で水やりを管理しましょう。
水が足りないと葉が垂れてくるなどありますので、そのような場合はすぐにお水をやれば元に戻ります。
間に合わなかった場合は葉が黄色くなり落葉しますが、また新しい芽がでてきます。逆に水のやりすぎの場合は、根腐れを起こし、枯れてしまうので注意しましょう。

(病虫害)
日当たり良く、風通しの良い適温環境に置けば、本来病虫害が心配な樹種ではがないのですが、何かしらの原因で樹勢が弱まると、病害虫が発生します。
湿気がが多く風通しが悪いとアブラムシ・カイガラムシ、乾燥するとハダニなどが発生します。病気は、葉などが白くなるうどんこ病、黒くなるすす病など。
いずれも、風通しや日当たりの悪さや湿気、乾燥、ほこり等が原因であることが多く、全体に広がる前の早期に発見、環境改善、対策が必要です。
まずは植物を移動するなど環境を整え、病虫害に侵されている葉を取り除くなどしてください。(葉をとると白い樹液がでます。被れる人もいるのでなるべく触らないでください。
また樹液が床に落ちて床を汚す場合があるので気を付けてください。
樹木が生きていれば新しい葉がでてくるので安心してください。カイガラムシはティッシュなどで取り除くこともできます。

 

 

予防として、環境を整え、まめに葉などにつく埃などを柔らかい布(市販のハンディモップなど便利です)などでとりのぞくこと、乾燥しているようなら葉水をすること、株が弱っているようなら液肥(当社 POF2など)を与えるなどがおすすめです。

病害虫(カイガラムシ)は早期発見・除去と環境改善を

ダミーテキスト

ダミーテキスト