屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

  • TOP
  • テスト

通常の屋外緑化

プラネットの緑化に秘密があるのであれば、通常の屋外緑化とはどのように行われるものなのでしょうか?

屋外緑化と一口にいっても屋上緑化や、壁面緑化など様々ですし、工法もそれぞれです。

では、プラネットの緑化と通常の緑化は何が違うのでしょうか。

ここでは特に他社との違いがはっきりしている屋上緑化に焦点を当ててみます。

屋上緑化をする際に、注目すべき点は以下の通りであり、それに照らし合わせて通常の屋上緑化を見ていくと、様々な問題点が浮かび挙がってきます。

1.設置場所
2.設置費用
3.メンテナンス

1.設置場所

設置する場所の問題は常につきまといます。

通常屋上や屋根には、雨水対策として防水工事が施されています。

しかし、新築の時には完璧だった防水工事も経年劣化によって完璧ではなくなっている恐れがあります。

また、重さ対策も非常に重要です。

通常の建築物では、屋上に一定以上の加重がかかることを計算していない場合が多いので、面積いっぱいに土を敷いてしまうと建築物に悪影響を及ぼすこともあります。

2.設置費用

屋上に土を敷くわけですから、それなりの工事が必要になります。

もちろん防水工事が十分でなければ追加での対策も必要になります。

それだけ、工事代金がかさむことになってしまうのです。

3.メンテナンス

緑化はよく、「施工してからが本当の始まり」だといわれます。

屋上緑化の場合は、人工地盤の下へ土や水が流れ出てしまうことがありますので、そのためのメンテナンスは常に必要です。

プラネットの屋外緑化

上記で、通常の屋外緑化が直面する問題点を列挙しましたが、プラネットの緑化は何が違うのでしょうか。

次からのいよいよその秘密を公開します!