屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

  • TOP
  • テスト

プラネットの室内緑化

プラネットの室内緑化には以下の3つの特徴があります。

1.設置場所を選ばない!
2.初期費用が抑えられる!
3.メンテナンスが簡単!

1.設置場所を選ばない!

プラネットの緑化は、まず「土」を使いません。

「ハイドロボール」という人工の粘土焼いて作った発砲煉石を植え込み材として使用する「水耕栽培」を行うことで、これまでの土を使って行う緑化の問題点の多くをクリアすることが出来るのです。

たとえば、ハイドロボールを使った水耕栽培は、排水の必要がありません。

よって、排水機能を有していない床の上にも設置することが出来るのです。

2.初期費用が抑えられる!

プラネットの緑化は、「プラネットコンポガーデンシステム」や「プラネット植栽槽システム」、「プランター植栽」などの特殊な栽培方法を用いておりますので、大規模な工事が必要ありません。

上記の通り、設置場所を選ばず、どんな場所にも低価格で設置することが可能です。

3.メンテナンスが簡単!

プラネットの緑化は、前述の通り、ハイドロボールを使用したハイドロカルチャーシステムを基本にしているため、排水する必要がなく、必要な分しか植物は給水しません。

よって、通常の栽培方法より、水やりの頻度が少なくて澄みます。

また、土をしようしないため、害虫や臭いの心配をしなくて済みます。

プラネットの緑化システム

上記のような特徴を実現するのが、以下のような緑化システムです。

それぞれについて詳しくご覧下さい。