屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

  • TOP
  • テスト

通常の室内緑化

プラネットの緑化に秘密があるのであれば、通常の室内緑化とはどのように行われるものなのでしょうか?

室内緑化と一口にいっても方法は方法は様々ですが、皆様が良く目にする形態としては、単体または複数の鉢植えを置く場合と、室内に花壇を作っている場合とがあると思います。

どちらも室内を緑化する手法としては一般的であり、プラネットにおいても鉢植え置いたり、花壇を作るという点では変わりません。

では、プラネットの緑化と通常の緑化は何が違うのでしょうか。

緑化をする際に、注目すべき点は以下の通りであり、それに照らし合わせて通常の室内緑化を見ていくと、様々な問題点が浮かび挙がってきます。

1.設置場所
2.設置費用
3.メンテナンス

1.設置場所

設置する場所の問題は常につきまといます。

鉢植えを設置するにしても、花壇を作るにしても、植物には「水」が必要です。

室内の地面は土ではなく、必ず何らかの床がありますから、土から排出される水を地面に流すことは出来ません。

室内緑化をする際には、この排水面が大きな問題になることが多いのです。

2.設置費用

鉢植えを置くだけであれば比較的簡単ですが、花壇を作るとなると大きな工事が必要となります。

上記の問題とも絡みますが、排水環境の整備を行うことで、更に工事費用は膨らみます。

もちろん、植物自体の初期導入コストも無視できません。

3.メンテナンス

緑化はよく、「施工してからが本当の始まり」だといわれます。

水やりはもちろんのこと、害虫や園芸用の土特有の臭いとの格闘など、メンテナンス項目は多岐にわたります。

それらを長期に渡ってクリアし続けるのはなかなか難しいことです。

プラネットの室内緑化

上記で、通常の室内緑化が直面する問題点を列挙しましたが、プラネットの緑化は何が違うのでしょうか。

次からのいよいよその秘密を公開します!