屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

  • TOP
  • テスト

室内緑化とは

室内緑化とは、建物の内部空間に植物を配置し、インテリアとしての役割を持たせることをいいます。

私たちプラネットでは、植物を室内に飾り、その植物を育て、植物から元気をもらう。そんなライフスタイルを~プランテリア~と名付けました。

室内を緑化することは、大きくわけて3つのメリットがございます。

室内緑化の3大メリット

1.室内の装飾効果

2.空気の浄化効果

3.リラックス・癒しの効果

1.室内の装飾効果

それまでまったく緑のなかった場所に、緑が加わると潤い豊かな生活を連想させ、空間のデザイン性も格段に向上します。

緑がもたらす効果は、皆様もすでにこれまでの人生で何度も体感していることと思います。

2.空気の浄化効果

緑化というと、まずはこの効果を思い浮かべる方も多いと思います。

小学生の時に習う「光合成」。二酸化炭素を吸い、酸素を吐き出すというあの仕組みです。

光合成を行う際に、植物は二酸化炭素だけを吸収しているわけではなく、シックハウス症候群の原因物質のような有害物質も同時に吸収しています。

緑がある場所の空気が澄んでいるように感じるのは、実は感覚的なものだけでなく、実際に空気が綺麗になっているのです。

3.リラックス・癒しの効果

植物には癒しの効果があります。

植物からは揮発性物質が発せられており、その成分を吸うこと、また緑という色を見ることによって、人間は「精神の安定化」「肉体疲労の回復」といったリラックス効果を得られることが科学的に証明されています。

近年では「園芸療法」など、医療の分野においても植物がもたらす癒し効果は高い関心を得ています。

プラネットの室内緑化

通常、植物が生育していくためには、光・水・温度がバランスよく必要です。

しかし、室内という環境においては、どれもが自然とは異なっており、本来であれば植物の生育には適していません。

そんな室内という環境に緑化を施す際には、ノウハウや技術が必要不可欠です。

そんなプラネットの室内緑化の秘密をお伝えします。