屋上緑化、屋内緑化。全国の公共施設からオフィス・住宅まで緑化を通じて社会に貢献する。

メールでの相談はこちらへ

コンポガーデンシステムとは

コンポガーデンシステムは、専用のコンポガーデンプランターに、植物の植わったカセット式の内容器をセットして、植物を配置していく植栽システムです。

 

プランターには、天板が設けられており、22φ容器(主木)用と11φ容器(下草)用の穴がいくつも開けられています。
この穴にお好みの植物の植わった容器をはめ込むことで、簡単にプランターの寄せ植えを作ることができます。

 

プランターを並べることで、大きな面積の植栽を作り出すことができます。

 

潅水はプランター底面に溜まり、毛細管現象によって用土全体へ充満します。

コンペ1.jpg

施工がとても簡単です

基本的には、プランターを設置して、植物の鉢をセットするだけで施工が完了します。
工期の短縮が図れます。

 

※自動給水の場合は、給水ポンプ・給水管・水位センサー・連結金具などの設置を行います。

室内・屋外どちらでも設置が可能です

床の防水は要りません。


水を通さないFRP樹脂製プランターなので、室内・屋外どちらでも設置することができ、また設置箇所の防水処理を行う必要がありません。

 

室内では、カーペットの上に置くこともできます。

コンペ2.jpg

自由な植栽レイアウトができます

角型(正方形)とイチョウ型(1/4円型)の形と、サイズは1mと50cmがあります。
その並べ方で様々なプランに対応できます。

 

室内では、カーペットの上に置くこともできます。

コンペ3.jpg コンペ4.jpg

 

コンポプランターに、お好みの材質と意匠の外枠(化粧仕上材)をつければ、空間の質感を損なうことなく設置することができます。

プランターの移動が簡単です

普通のプランターは用土がぎっしりと詰まっており、重くて動かすのは大変ですが、コンポガーデンプランターは内部空洞であり、植物も内容器ごと一時的に抜き取ることができるため非常に軽量になり、移動がとても簡単です。

 

レイアウトの変更が容易にできます。

植物の交換が簡単に出来ます

植物の容器をカセット式に設置するシステムなので、植物の交換が簡単にできます。

 

交換や抜き差しの際も、用土を掘り返す必要がないので、周囲を汚しにくく、メンテナンスなども楽に行えます。

 

このため季節や目的に応じた植栽の変更や、育成した植物を他の場所で使う・戻すといった循環型の利用が可能です。

コンペ5.jpg

強風への対策も万全です

屋外、特に屋上緑化における不安要素のひとつに、台風時等の強風による植物の転倒や枝折れ、葉や用土の飛散があげられます。 

 

コンポガーデン天板の穴は、専用の内容器がしっかりとフィットする形状になっています。
さらに背の高い主木用の穴には、天板裏側に支持板があり、より高い安定性を与えて日常的な転倒から植物を守ります。 

コンペ6.jpg

事前に強風の恐れが把握できている場合は、支柱を設置し防風ネット(寒冷紗)を掛けて固定することで、植物をプランターごと守ることができます。
※支柱を取り付ける金具は施工時に固定しておきます。
 
さらに風が強い暴風時には、内容器ごと植物をプランターから抜き出して、安全な室内へと避難させることができます。
コンペ7.jpg

 

プラネットについての情報はこちらから

TOPへ戻る 8つの特徴 スタッフ紹介
事例紹介 会社概要 無料相談